オリジナルTシャツプリント知識|Original Tshirt.st

オリジナルTシャツプリント知識

お客様にこの世にたった一つのオリジナルTシャツをデザイン
プリントして、素敵な体験をしていただけるよう、
日々サポートするスタッフのノウハウや知識の紹介コラムです。
販売ページでは伝えられなかったことや、時事ネタを含んだことなど、
お客様のオリジナルプリントの制作に何かヒントになるような記事を紹介していきます。

Tシャツプリントの耐久性について

2021年09月10日
プリント技法
日常とても身近に着ているTシャツのプリント部分について、既製品の物と比較してカスタムオーダーで作った当店のプリント品質がどう違うのか?
初めて当店にご注文いただくお客様にとって気になる部分だと思います。
基本的なプリントの違いは「プリントについて」でお伝えしていますが
その耐久性について詳しく説明していきたいと思います。


まず、「既製品のプリント」の定義がとても曖昧で、多くはシルクスクリーンですが、近年はフルカラーに対応するため、インクジェットや転写もアパレルの既製品として採用される事が多くなってきました。
また、スポーツウェアなどは特にハードな使用に対応するよう求められるため、高い耐久性が必要になります。
一概には既製品との比較できないため、第三者による試験を行い、業界標準の基準で説明いたします。

その第三者というのが一般財団法人カケンテストセンター (略称:カケン)です。
日本を代表する第三者テスト機関であり、さまざまな協会・団体・大手百貨店・スポーツメーカーなどから指定を受けて評価をしています。

数多くの試験内容がありますが、普段の日常生活の利用を目的とするアパレル製品への代表的な検査項目として、洗濯堅ろう度試験(JIS L 0844)と摩擦堅ろう度試験(JIS L 0849)が挙げられます。
当社(株式会社COTS)が依頼した検査報告書を公開します。

当社は、組成の違う3種の生地でシルクスクリーンのインクでテストを行っています。
インクは通常使用することの多い2パターンの白インクと、色移りが起こりやすい色として知られている赤をテストしました。

カケン品質検査報告書

ビッグシルエットtシャツボディを比較してみました。おすすめは?

2021年08月24日
ボディ商品
ビッグシルエットTシャツ比較

ビッグシルエットTシャツをおさらいすると、ジャストサイズより概ね2サイズくらい大きいTシャツを着る感じで、ゆったりとした見た目にすることです。
ですが、そのまま大きなサイズを着ると、裾が長すぎてワンピースのようになってしまいますし、アームホール(袖口の大きさ)も大きすぎて、「みっともない」印象になります。
ビックシルエットとして作られている商品は、全体的に横幅を大きくしています。そのため、裾はそこまで長くはなっていません。一部にはスリットを加えてお尻部分だけ長くする場合もあります。
また、肩の部分が特徴的で、袖山の付け根が実際の肩より下に落ちるように(ドロップショルダー)設計されています。

ただ、これも「ビッグシルエットTシャツはこれで正解」という形は存在しません。年々、大きめに着こなすようにもなりましたし、ブランドの方向性も少しづつ違います。

売れ筋ビッグシルエットTシャツに限定して比較してみました。
サイズは全てLサイズです。
058-215-7116

[受付時間:平日10:00〜17:00]