インクジェットプリント

Inkjet Print

インクジェットプリントについて

ここ5年でオリジナルTシャツプリント業界でも、広く認知されるようになりました。
家庭用の紙や年賀状の印刷で一般的な、CMYKのインクカートリッジでインクを吹き付け
再現する印刷方法です。ガーメントプリンターとも呼ばれています。
白インクの吹き付けが可能になったため、カラーのTシャツにも鮮やかに印刷することが
可能になりました。

シルクスクリーンとは違い製版やインク作りを省くことができるため1枚でも簡単に作成
できます。また、同じように1枚からできるカッティングシートと比較した場合、インク
ジェットプリントは顔料で印刷するため、生地に馴染んだ風合いの良い印刷が可能です。
問題点は、白インクを生地に綺麗に定着させるための下処理を行うため、その下処理材の
プレス痕が残ります。製品の販売用として作成される場合オススメしません。

インクジェットプリントの特徴

メリット 1枚から作成できる
印刷の風合いが良い
フルカラーで再現可能(写真可)
デメリット 大量生産は不向き(枚数を多くしても単価はあまり安くできない)
プレスの痕が残る(1回の洗濯でほとんど消えてしまいます)

当店のインクジェットプリントはEPSON社製「SC-F2000R」を使用しています。

安全性について

安全性を示す国際的な規格”エコテックス”

Tshirt.stのインクジェットプリントは、インク・前処理剤・機械メンテナンスのための
クリーニングカートリッジにおいて、繊維製品の国際安全規格『エコテックス規格100』の
中で最も厳しい基準である『製品分類Ⅰ』を取得しています。本規格は乳幼児が経口で吸収
経皮で触れても、安全であることを保証しておりますので、安心してお使いいただけます。


エコテックス規格100


エコテックス規格とは

人体への有害物質による影響や被害をなくすことを目的とし、繊維の全加工段階における
原料、半製品最終製品に適用される、世界的に統一された試験・認証システムです。

Tシャツやポロシャツなどに「人体に有害な物質は入っていない」と安全性を保証するマー
クが「エコテックス規格100」。これは、欧州を中心に世界各国の試験研究機関で構成する
「エコテックス国際共同体」が定めた、繊維製品の国際的な承認制度。糸からの構造やファ
スナーやボタンなどの付属品を含む、完成品に至るまで広範囲な安全水準を達成するための
承認システム。厳しい基準をクリアした製品だけが、エコテックスのラベルを付けることが
できる。現在の認証機関は世界16カ国にあり、日本は唯一、一般財団法人ニッセンケン品質
評価センターが2000年から認証を行なっている。国際的に決められた有害物質の規制値に基
づいて試験を実施。法律で禁止または規制されている物質が含まれていないことを確認する
だけでなく、その他の健康を害する恐れがある物質についても検査する。

トップページへ戻る
  • 電話のお問い合わせ先

    058-215-7116

    [受付時間:平日10:00〜17:00]

  • メールのお問い合わせ先

    original@tshirt.st

  • LINEのお問い合わせ先

    友だち追加