どんなクラスTシャツがあるの?気になるみんなのクラT事情

Class Tshirt

どんなクラスTシャツがあるの?気になるみんなのクラT事情

学校行事などのためにクラス Tシャツを作る生徒がいます。そしてこれからそのようなものを作りたいと思っている人もおられます。しかし実際に自分たちがそのようなものを作るとなると、どのようなデザインにしたらよいかで迷ってしまうことがあります。そのような場合はオーソドックスな形のクラス Tシャツを作ることができます。 まず簡単で、しかもおしゃれなものは生徒の名前をアイロンシートなどを使ってバックプリントするというものです。このようなものはスポーツのユニフォームを思わせるもので、人気があります。またさらにユニフォーム感を強調したければ、出席番号を背番号のようにして貼り付け、その上に名前をプリントすることができます。また名前はアルファベットで入れるのが一般的ですが、ユニークな印象を抱かせるために、あえてひらがなを使うのもおしゃれです。 もちろん名前を前面にプリントすることもできます。また目立つクラス Tシャツを作りたいのであれば、ブラックカラーの無地のTシャツにパステルカラーのアイロンシートなどを用いて文字を際立たせることもできます。このように名前を入れるだけのTシャツであっても、非常におしゃれに仕上げることができます。

学校行事のための、クラス Tシャツを作ろうと考えている人がいます。このようなTシャツはオリジナリティーがポイントであるために、アイディアを絞って「これは!」と思わせるようなものを作りたいという人は少なくありません。多くの場合、オリジナリティーを出すためにクラスで掲げたスローガンや、それに伴うイラストなどをプリントとして作られます。 例えば体育祭や合唱コンクールといった勝負事に使用するものでしたら、「WINNER」や「目指せ優勝」などという文字をプリントすることができます。また文字の下に金メダルのシャドーを型ちどったイラストをプリントしたりすれば、優勝を目指してクラス一丸となり、全力を尽くすという目標を持っていることを示せます。 また一体感を出したいのであれば、「3年2組」といったように学年とクラスをプリントしたクラス Tシャツを着用することができます。非常にシンプルなアイディアではあるものの、ユーモアのセンスを含んだ可愛らしいクラス Tシャツとすることができます。もしこのようなシンプルなものにアクセントを加えたければ、クラスのみんなで考えたキャラクターを左の裾あたりに小さくプリントすることもできます。このよなさりげないおしゃれが、注目されることもあるのです。

学校の文化祭や体育祭ではクラスごとにオリジナルのTシャツを作って、それを着用していく光景は珍しいものではないと思いますが、デザイン自体はやはりそれぞれで違いがあるはずです。よくあるものは、クラス全体で色などのデザインの大枠は統一しつつ、それぞれの人によって細かい部分が変わるというケースではないでしょうか?それはどういう部分か?というと、ケースバイケースで異なりますけど、例えば後ろの上の方にそれぞれの人の名前をプリントするというのがよくあると思います。スポーツ選手のユニフォームみたいな感じで、ローマ字でそれぞれの名前の苗字か?名前か?のどちらかをプリントして、クラスでデザインの共通性は持たせつつも、それぞれが持っているTシャツに個性を出していく、違う部分を出していって、それぞれが自分だけのTシャツであるという点を如実に認識できるようにしている例があると思うのです。こういったクラス Tシャツをもらえれば、文化祭や体育祭でしか着ないとしても、クラス Tシャツそれ自体が後々思い出に残ること間違いなしでしょう。クラス Tシャツはそれぞれの学校やクラスで違っている部分を、個性を出していくのも1つの魅力になるのではないか?と思います。

クラス Tシャツはそれぞれでいろいろなデザインの仕方がありますが、中にはちょっと変わったプリント方法もあります。例えば、アイロンを使って圧着するようなケースがあると思うのですが、それを使ってTシャツのデザインをしているケースもあるのです。これはアイロンを使って圧着する専用のシートを使って、イラストやロゴなどをデザインしていくわけです。これは専用のシートを色別などで複数使ってデザインをしていき、それぞれの色ごとにデザインに沿うように切り分けて、そのパーツを組み合わせてTシャツにデザイン通りに貼りつけていくという行程になると思います。そういったパターンでクラス Tシャツを作っていくケースもあります。デザイン自体は似ているものがあるとしても、Tシャツの中でどう表現していくか?という点が違っていれば、まるで別のTシャツに見えるということもあるのではないでしょうか?これならばそれぞれの学校のクラスの生徒らが自分でもできますから、より思い出に残るTシャツを作っていくことができると思います。クラス Tシャツはいろいろな考え方で作っているケースがあると思うのですが、こういう作り方もあるというのは知っておくと良いのではないか?と思います。

クラス Tシャツはそれぞれの学校やクラスがデザインしたものによってかなり個性が出ていると思います。こういったTシャツではスポーツのユニフォームのようなスタイルにしている例があって、特徴的なのは後ろに背番号のようなプリントがあるものです。スポーツチームのユニフォームはだいたい背中に番号が書いてあると思うのですが、それと同じデザインを踏襲しているというものが割とよく見つかります。その番号自体はクラスで統一しているケースも多々あり、学校の創立からの年数や文化祭や体育祭などのイベントの開催回数などを後ろに記しているということがあります。そして、その背番号の上にはそれぞれの生徒の名前などをプリントしていれば、まさにユニフォーム姿に見えるのではないでしょうか?ただのTシャツがスポーツチームが着ていそうなユニフォームに見えるというのはクラス Tシャツの大きなスタイルの1つになりつつあるのです。こういったクラス Tシャツはやっぱり作る機会も限られますし、どうせだったら他には例がないようなものを作りたいと思うケースもあるでしょう。その一方で、定番になりつつあるようなデザインもあると思いますし、そういったものを作っていく例もあります。クラスのTシャツのデザインを見ても、それぞれの思惑や事情が感じられて面白いと思います。

クラス TシャツはクラスごとにオリジナルのTシャツをデザインして、それをイベント本番で着ていくということになるものですが、デザインのパターンがいくつかあります。それぞれのクラス Tシャツの事情というか、アイデアによってデザインは多種多様になってるのです。そこも面白いところになるのではないでしょうか?こういったケースのTシャツのデザインとしては、よくあるのはメッセージなどの文字をプリントするというものです。文字であれば、デザイン力なども問われづらいので、割と簡単にオリジナルのTシャツを作ることもできます。しかし、中にはかなり凝っている学校やクラスもあって、イラストやロゴなどをオリジナルでデザインして、それをTシャツにしている例もあります。日本全国探せば、数多くのクラス Tシャツが見つかると思いますけど、その中には生徒らが作ったとは思えないようなものまで存在していて、デザインにも結構差があるということが言えます。このクラスで作るTシャツにどれだけ熱意をかけているか?で仕上がりの部分も変わってくるのでしょう。シンプルに文字だけでデザインするようなものもあれば、イラストやロゴを使って、大々的にデザインするものもあるということになります。

トップページへ戻る
  • 電話のお問い合わせ先

    058-215-7116

    [受付時間:平日10:00〜17:00]

  • メールのお問い合わせ先

    original@tshirt.st

  • LINEのお問い合わせ先

    友だち追加

058-215-7116

[受付時間:平日10:00〜17:00]